夏涼しく、冬暖かい一戸建て

ホームへ戻る > 夏涼しく、冬暖かい一戸建て

手に届いた住みたいと思う一戸建て新築物件
夫婦2名と猫ちゃん2匹と一緒に住む一戸建ての例
リアルな田舎暮らしを体験できる
期間限定の田舎生活
住宅のエコポイント

山梨県は、東京都や埼玉県に隣接していながら、県の面積の約78%を森林が占めており、自然が豊かな県です。首都圏からも1時間半で訪れることができるため「東京に最も近い田舎」とアピールしています。


関東圏への通勤、通学も可能は範囲ですから、都内には一戸建てを建てるのが難しい人が、山梨に一戸建てを建てて、都内に通勤するという人も数多くいるようです。


土地価格も都内に比べれば、安く手にはいるので、注文住宅も可能でしょう。山梨県は、四季折々に姿を変える美しい森林と、気軽に散策できる里山から本格的な山岳あ、コースまで楽しめる多様な山々が良く知られています。

山梨県の気候は、別荘で有名な清里のあたりでは、冬は水道が凍ることもある位気温が下がるが、甲府は八ヶ岳降ろしが届かないし、積雪量も少ないのです。


更にヒートアイランド現象とは無縁なので、夏でも夜には涼しくなるので、住みやすい環境であると言えるでしょう。「日本一住みやすい県」と言われている程です。


山梨県では、豊富な県産材を利用した住宅建築にアドバイスを行う専門家「甲斐の木活用アドバイザー」を養成し、一戸建てを検討する県民に紹介しています。また、八ケ岳の麓には、エアコンがない代わりに薪ストーブや煙突がある民家が多いようです。