ハウスメーカーと工務店の違い

ホームへ戻る > ハウスメーカーと工務店の違い

実際に自分の目で確かめましょう
BBクリーム流行の背景
大切に長く住むために
自分たちのペースで住みよい家づくり
日本には硬水が出る地域がありますか?

家を建てるということはハウスメーカーも工務店も同じですが、どこが違うのでしょうか。ハウスメーカーは、モデルごとにシリーズ分けをして各シリーズにいくつかのプランを用意し、それぞれ価格設定をしています。お客様は予算に見合ったプランの中で、内装からキッチンなどの設備などをそれぞれ選んでいくことができます。

この形式はスムーズに家造りが進む反面、自由設計の住宅とはいえプランの標準仕様以外は全てオプション扱いになり価格が上がるうえ、標準仕様の変更もメーカーサイドで範囲が決められているところがほとんどで、自由度は少ないです。逆に工務店は、自由度が高く小回りが利きます。

例えば一戸建ての建設地が福岡であれば、地元に根付いた業者を選ぶことをおすすめします。お客様のライフスタイルにあったプランニングをその土地の環境に合わせて作り、建材や住宅の設備まで全てお客様の要望にあわせてくれます。

しかし、細部にわたって設計、打ち合わせをするため時間がかかります。工務店は、完成度やアフターメンテナンスなどの点で業者によって差がでます。そのため、福岡で家を建てるなら、三重の優良業者を検索サイトや口コミサイトを利用して調べることが大切です。